Tel:0120-24-8330名鉄犬山線『柏森駅』徒歩1分

金属アレルギー

金属アレルギーに対する患者さんの関心が高くなってきました。
歯科治療では、口の中のつめ物、かぶせもの、入れ歯などには様々な金属が使用されています。これらの金属は基本的には人体に無害なはずですが、アレルギーの原因になりうるということが、わかってきました。原因となる金属は、チタンをのぞくほとんどの金属です。金、プラチナ、パラジウム等貴金属でもアレルギーが報告されています。症状は、口の中では、舌炎、口唇炎、粘膜のびらん、口内炎などです。口腔外では、アトピー性皮膚炎、紅斑、湿疹などが手や足に現れます。

治療

大学病院と協力して治療を進めます。数種類の金属元素を皮膚の上に塗るパッチテストを行います。反応のあった金属を含む歯科用合金でできた冠や充填物を取り除き、安全な、セラミックかチタン100%の冠や充填物に置き換えます。

症例

アレルギー症状はステロイド軟こうの使用により、一時的にはよくなります。しかし、金属アレルギーの場合、原因となる金属が体内にある限り何度でも再発します。ですから、金属アレルギーの治療は、原因となっている金属を除去する以外にありません。下の写真は、他院で左下の冠をセットしてから右上腕に発赤とかゆみを生じた患者様で左下の冠の溶出傾向を測定したところNiCr(ニッケルクロム)とSILVER(銀)の溶出傾向が高かったためニッケルクロムと銀による金属アレルギーの可能性が高いと判断し、金属を撤去しハイブリッドセラミックスによる冠に置き換えました。
2~3週間後には右上腕に発赤とかゆみは消失しました。

症例2

男性患者さんの症例です。金属の除去により見違えるように改善しました。

金属アレルギー術前術後

医療法人愛健会 柏森歯科クリニック

Tel:0120-24-8330

480-0103
愛知県丹羽郡扶桑町大字柏森字西前303

診療時間